理想的なペット用品は通販で見つけることが可能!

ウーマン

皮膚を清潔に保つ

犬と猫

ドッグフードを変えてみる

犬の皮膚病で一般的なのが、脂漏症です。もともと犬の皮膚に存在する常在菌が、免疫力が低下した時や皮脂の分泌が過剰になった時に、皮膚病の症状を起こします。フケがたくさん出るのは、脂漏症のサインでもあるので、適切なシャンプーに替えて対処するのが良いでしょう。また、脂肪分の少ないドッグフードの飼えるのも、改善効果があります。また、犬の常在菌が起こす皮膚炎としては、ブドウ球菌による膿皮症があります。最初は、小さな腫れや膿のある発疹ができますが、次第に体全体に広がり、皮膚に穴が開くとともに膿による悪臭もでてきます。抗生物質を飲ませると、症状を止めることができるので、動物病院で処方してもらうほか、抗菌性シャンプーで肌を清潔に保つことも必要です。円形の脱毛が広がっていく、皮膚糸状菌症という皮膚病は、長毛の犬種がなりやすいのが特徴です。かびの一種である糸状菌が、皮膚に侵入することによって起こります。痒みはないので、ブラッシングの際に注意するのが大切です。病院で抗真菌薬を処方してもらうほか、シャンプーで肌を清潔にして改善します。アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンに触れることにより、痒みが生じる皮膚病です。アレルゲンを取り除くのが一番の改善法で、ドッグフードを無添加のものにしたり、いくつかの種類をローテーションさせるのも効果があります。このように、それぞれの皮膚病には改善方法があるので、慢性化しないようにしっかり改善するようにしましょう。